UA-73781028-1




HOME > books > 著書 02

2013/1/19

自立する国家へ!


安倍新政権がスタートした今、保守とリベラルの論客が日米同盟と 対米従属を検証し、国家のあるべき姿(対米従属からの自立)を問う問題作。 専守防衛か、自主防衛・国防軍か? 憲法9条か、改憲か? 核武装は? 反骨の元外交官(駐レバノン特命全権大使)の天木直人が、 元航空幕僚長であり日本派保守の田母神俊雄に論戦を挑む


詳しくはこちらLinkIcon

2013/4/19

自衛隊の敵


自衛隊の敵とはすなわち日本の安全保障を脅かすもの。憲法9条であり自衛隊法・交戦規定であり、アメリカ派・中国派の政治家・官僚、そして武器輸出三原則、非核三原則……。憲法改正、そして自衛隊の国防軍化を掲げる安倍政権待望論を唱えてきた著者が今こそ問う、田母神自主防衛論の決定版!!



詳しくはこちらLinkIcon

2013/7/8

強い経済が強い日本をつくる


 本書は、国を守ることを忘れた日本人へおくる救国の書だ!
日本は戦後、国を守るということを忘れ、多くの不利益を被ってきました。
日本が国を守ることを忘れていたのにはいくつか理由がありますが、
やはり、アメリカの戦後政策が大きく関わっています。





詳しくはこちらLinkIcon

2013/8/15

田母神俊雄の日本復権


毎年8月になると「反戦、平和」ということで「戦争の悲惨さ」と「平和の尊さ」を語り継ぐという報道が多くなる。一方で「国のために、家族のために自らの命を捧げた人々」の話は、ごく一部でしか目にすることができず、聞くことも極端に少ない。







詳しくはこちらLinkIcon

2012/6/16


ほんとうは危ない日本


石原慎太郎東京都知事の「尖閣諸島買い取り」発言を受け、周辺国との領土問題が再燃している。日本の置かれた危うい状況をまとめる。












続きを読むLinkIcon

2012/8/8

組織が勝つための知恵 いま,戦争論
クラウゼヴィッツを読み解く


ビジネスマン必読の書!
クラウゼヴィッツの『戦争論』には勝利をつかむための戦略的思考と行動のすべてが書いてある。
戦争をどのように設計し実行するか、スピードは最重要事項・・










続きを読むLinkIcon

2012/8/27

田母神俊雄のそうだったのか!
自衛官のホンネ


超機密情報満載!!現役自衛官、家族そして未来の自衛官から寄せられた赤裸々なお悩み相談に元航空幕僚長のタモちゃんがマジレス! 切実な自衛官たちのお悩みから自衛隊のこと、国防のことがよく分かる! /こんな切実なお悩みに、全力でお答えします!






続きを読むLinkIcon

2012/11/26

田母神俊雄の
「中国の策動に勝つ方法」


はじめに~真の独立国家になるために~
田母神俊雄の領土問題で中国に勝つ方法
国民の民意を汲んで政治を行ったことなど一度もない 中国が「国民感情への配慮」を要求するペテンとは!?
尖閣を狙う中国の兵器を徹底解剖 量の中国軍VS質の自衛隊
どこにも就職できなかった青年たちが入隊 人民解放軍兵士は戦争ができるのか……!?



続きを読むLinkIcon

2012/4/3


日本を守りたい日本人の反撃


“侵略”を野放しにしない。2012年、「戦える日本」へ。―TPPから沖縄、領土・中国問題まで、怒れる国民のバイブル








続きを読むLinkIcon

2012/5/9


だから日本は舐められる


「日本はペリー来航以来、今日に渡ってアメリカの“属国"状態が続いている」。元・航空自衛隊幕僚長の田母神俊雄が、アメリカに蹂躙・支配されてきた日本の歴史観と政治を叩き斬る。「外交とは他国と仲良くすることではない。自国の国益を追求することだ」など、新しき自立した日本を築くためのエッセンスがここにある。




続きを読むLinkIcon

2012/5/12

CGでリアルシミュレーション!
田母神俊雄の自衛隊 vs 中国軍


尖閣諸島問題など日中間に横たわる問題に改善の兆しが見えないなか、中国初の空母「ワリヤーグ」が試験航海を実施するなど、軍拡を進める中国。では仮に自衛隊と中国軍が軍事衝突した場合、「自衛隊は中国軍に勝てるのか?」。尖閣沖を舞台にCGと立体地図で仮想シミュレートして解き明かします。




続きを読むLinkIcon

2012/6/9

騙されるな日本! 領土、
   国益、私ならこう守る


本書では日本が抱える領土問題をまず取り上げるが、後半では、アメリカによる「日本経済植民地化計画」を取り上げる。こちらは直接の領土問題ではないが、日本が経済的にアメリカに侵食される、という意味では「もう一つの領土問題」と言ってもいいであろう。いずれにしても国家にとっての死活問題である。




続きを読むLinkIcon

2011/7/16


ほんとうは強い日本


東日本大震災は、大地震、巨大津波、福島第一原発の事故という未曾有の大災害をもたらした。福島県出身の著者は、政府の避難勧告の方法に怒りをあらわにする。それはなぜか。
現在の放射線医学では、低線量率の放射線は健康にとって有益であるとする説もあるほどで、放射線を限りなくゼロに近いほうがよい

続きを読むLinkIcon

2011/10/7


間接侵略に立ち向かえ!


日本は中国、韓国、アメリカから侵略されています。ただし、それは直接ではありません。経済、政治や文化などを通じて、間接に侵略してくるのです。経済ではアメリカ式の株主資本主義。日本が持っていた会社システムをぶち壊し、配当をあげるためだけの会社にしようとしています。政治では外国人参政権の問題。



続きを読むLinkIcon

2011/11/5


『核武装』が日本を救う

タブーではない!絶対条件だ!国防問題の一流論客達が証明する「核武装しなければ本当に日本は滅びる」。








続きを読むLinkIcon

2012/2/16


日本はもっとほめられていい

東日本大震災で日本人が見せたマナーの良さ、助け合いの心に世界中が感動した。しかし、日本人の善意は、国際政治や外交の場ではずる賢い諸外国からつけ込まれ、いつも標的にされてきた。「戦前の日本は悪い国だった」の刷り込みで自虐と謝罪の国になってしまった日本が誇りある国になるために、本当のことを教える一冊。




続きを読むLinkIcon

2010/10/23

田母神国軍 たったこれだけで
日本は普通の国になる


中国にもアメリカにも舐められないために! 中国が仕掛けてきた尖閣諸島事件への政府の弱腰対応に、国民のフラストレーションは最高潮。日本はなぜ島一つ守れないのか―― 中国との尖閣諸島問題、アメリカとの普天間基地問題、その諸悪の根元は、自衛隊が軍として規定されていないことだ!


続きを読むLinkIcon

2011/3/3

中国「日本侵略」の
野望をこう打ち砕け!


中国は2020年に空母六隻を持つ!
日本の周辺は中国の海になってしまう!
核ミサイルを背景に、尖閣諸島だけでなく、東シナ海と南シナ海に進出し、さらに西太平洋に進出し始めている中国!中国の政治指導者が過去に実施した「大躍進・人民公社」という


続きを読むLinkIcon

2011/6/13

田母神俊雄の自衛隊
「国軍化」計画


危うくなる一方の日米同盟、迫り来る中国、北方領土を返さないロシア、いつ暴発するかわからない北朝鮮。現在の日本の“国防戦線”は揺れに揺れています。本誌は空母・戦闘機などを3DCGやイラストで、さら配置図、地図などを用いて、日本国軍の中身をビジュアル化して紹介します。



続きを読むLinkIcon

2011/7

日本国家再建論
国民を欺き続ける国家の大罪


これから「本当の国難の時代」が始まる。日本再建のために忘れてはいけないことは何か。元航空幕僚長・田母神俊雄と、京都大学教授・中西輝政が、軍事的、国際政治的見地から独自の過激な持論を論じた1冊。





続きを読むLinkIcon