田母神俊雄を応援する会開催および発起人募集のお知らせ

2017.07.22

「田母神俊雄を応援する会」

7月22日(土) 開催発起人ご賛同のお願い

田母神俊雄を応援する会 主催発起人代表 福沢峰洋より、ご案内申し上げます。
日本再生のために皆様のお力をお貸し下さい。
ご多用中のことと存じますが、趣旨をお含みいただき、発起人としてご賛同くださいますようお願い申し上げます。

7月22日 (土曜日) 18:00~20:00
「田母神俊雄を応援する会」主催発起人代表 福沢峰洋
発起人100名以上の予定  参加人数500名~
開催会場【九段下】ホテルグランドパレス 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1-1-1
御一人様参加費1万円(ブュッフェ フリードリンク 税サービス料込)

7月22日(土曜日)に有志が集い、「田母神俊雄を応援する会」を開催することは、閣下の再始動を内外に周知し、その為に支える有志が集結したことを示すことが重要と考えております。同日は田母神閣下の誕生日でもあります。

田母神閣下は公職選挙法違反(運動員買収)容疑で5ヵ月半(169日間)もの長期間、東京拘置所に勾留されました。閣下にとっては身に覚えのない罪で逮捕及び起訴され、政治活動停止を余儀なくされました。未だ裁判は継続中ですが、身の潔白を晴らすために法廷での戦いを続けている閣下を「このまま他人事にしておいてはいけない」と、有志が立ちあがりました。日本に真の保守の潮流を作り上げるために今後とも閣下に活躍してもらわなくてはいけないと思います。

自虐史観の日本の将来を思い、航空幕僚長の現役生命を賭けて「田母神論文」を事実として公表した田母神閣下。もしも私たちが閣下の立場であったのならば、同じように一貫して「日本は良い国だった」ことを主張し、言論の自由と対峙し、国会証人喚問を受け、国家権力からの圧力にも屈しないでいられたのか。今一度、真剣に考えてみる価値はあると思います。

閣下をこのまま在野に下らせては、日本国がこの国の未来を否定してしまうことに繋がると関係者は考えています。皆様のご支援により、閣下が再始動することは、志を継ぐ後継者を育てる環境をこの国に創ることに貢献することになります。今の時代に生きている私たちの責務であると考えています。

7月22日は日本の将来にとって、分岐点になる日と考えています。

発起人について。
発起人は本開催の賛同者であって、開催準備業務における責任の一切は開催事務局が負います。 発起人の皆様は参加者を募ることもご協力いただきますようお願い申し上げます。 発起人のご賛同いただける方は、お名前とご連絡先を明記の上、松本千恵美までご連絡をお願い致します。 締め切りは6月10日(土曜日)とさせていただきます。 

開催事務局 松本千恵美
メール: tamogami20170722@gmail.com 
FAX 03-6709-8271 松本携帯電話 090-9338-4851

主催発起人代表 福沢峰洋
開催事務局長 田代充
田母神俊雄を応援する会開催事務局
〒162-0065 東京都新宿区住吉町2-18-1105
TEL 03-6709-8270 FAX 03-6709-8271
MAIL:tamogami20170722@gmail.com
開催案内WEB:https://m62983.wixsite.com/tamogami